電力自由化のメリットはこんなにある

電力自由化の最大のメリットは、電力の質が変わることなく、電気代を節約できる点です。電力の質が変わらないのは、これまでどおり、電力会社の送電網を使用するからです。一方で、電気代が節約できる理由は、競争です。電気事業に参入する企業が増えれば、競争が健全化します。ここで、料金の引き下げや、サービスの充実が生じるのです。一般的に、新電力では世帯人数が多いほど、割引率は高くなります。ただし、世帯に、2人以上住んでいれば、ほとんどのケースで節約となります。たとえ、世帯に2人しかいない場合でも、昼勤の人と夜勤の人が同居する場合は、使用時間が長いため、割引率も高くなる傾向となります。なお、インターネット上では、簡単に、節約料金をシミュレーションできます。電気代の明細票を準備して、入力すれば、どの会社の割引率が高いかを把握することが可能です。ぜひ電力自由化を活用してみてください。

生活に密着したさまざまなサービスも

また、新電力プランのメリットとして、さまざまなサービスが準備されていることが挙げられます。具体的に確認してみましょう。まずは、ガス会社のプランです。このサービスを用いた場合、通常、電気代とガス代のセット割り引きが行われます。2017年には、ガスも自由化が行われることから、ガス会社は、積極的に電力事業に参入しています。光熱費をトータルで節約するためには、理想的な選択となります。また、ガソリン販売会社や携帯電話会社、スーパー、旅行会社なども参入し、それぞれ特典を設けています。ガソリン代の割引、ポイントの付与や、商品券、旅行の割引などの多彩なサービスです。このように、これまでの電力会社とは異なり、新電力では、生活に密着した多様なサービス展開されています。現在利用しているサービスや、よく利用する店舗などから、契約する会社を絞ってみても良いでしょう。

スマートメーターで電力の見える化

電力自由化のメリットは、料金面やサービス面だけではありません。省エネの観点でも、大きなメリットがあります。新電力の契約をすると、スマートメーターが設置されます。このスマートメーターには、通信機能が搭載されています。したがって、わざわざ電力会社から検針員が訪ねてくることはありません。また、アンペアの変更についても、遠隔操作で簡単に済みます。加えて、利用者も電気の利用データを細かくチェックすることができます。従来では、月ごとでしかわからなかった電力使用状況を、30分単位で確認できます。これを把握できれば、ムダがどこにあるのか一目でわかります。結果として、節電へとつながるのです。なお、使用状況は、契約会社のホームページからログインする格好となります。このように、料金面、サービス面、省エネの観点で、新電力は大きなメリットがあるものです。ぜひ、積極的に利用を検討してみてください。

供給エリアによって電気量料金が変わりますので当サイトでご確認ください。 お申し込み後はスマートメーターへの交換を行うだけです。 店舗や事務所、職場の電力のコストカットを実現いたします。 電力小売りは2016年4月1日から開始されています。 ハルエネは法人プランと個人プランとご用意しています。 電力自由化の解説をサイトでおこなっています。 安心の供給品質とお得な価格で電力をお届けしていきます。 電力自由化ならハルエネでんきのプランがおすすめ